2021年度3月号 すきなことにがてなこと

販売価格 1,540円(税込)
購入数

作:新井 洋行
絵:獄 まいこ
出版社:くもん出版

絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:小学校のときに、こんな子はいなかったでしょうか。
体育の時間は張り切って大活躍をするけど、算数の時間はとてもおとなしい子。人前で発表するのは苦手だけど、ウサギにエサをあげるのは好きな子。卓球は得意だけど、将棋が苦手な子。
みんな、それぞれ得意なことや苦手なことがありました。
苦手なことをすべて克服しようとすることは苦しいことです。
作者の新井洋行さんはこう言っています。「あのころの自分に、だいじょうぶ、みんなそれぞれ“にがてなこと”があるんだよ、と伝えてあげたい。」
そんな思いから生まれたこの絵本は、苦手なことは、それがすきな子に手伝ってもらえばいい、という発想です。逆に、自分がすきなことで、それが苦手な子を手伝ってあげればいい。「すき」と「にがて」をお互いに認め合えたら、人と人がもっとつながっていける。そんな可能性を感じさせてくれる絵本です。