2021年度10月号 むれ

販売価格 1,100円(税込)
購入数

作:ひろた あきら
出版社:KADOKAWA

絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:ページをめくるたびに、いろんな“むれ”がびっしりと描かれています。ひつじの群れ、きりんの群れ、魚の群れ、鳥の群れ、うんこの群れ等々。
例えば、ひつじの群れの中には、一匹だけ毛がないのがいます。子どもたちはすぐに見つけます。キリンの群れの中には、一頭だけ首が短いのがいます。子どもたちは、夢中になって探します。
アリの群れのページでは、一匹だけ違う方に歩いているのがいます。小さいアリが、ページいっぱいウジャウジャいるので、見つけるのが大変です。大人はなかなか見つけられませんが、子どもたちは、しばらく見ていたら、「あっ!」と言って見つけます。さすがです。
ちなみに、この絵本で読み聞かせをしていると、子どもたちは、どんどん絵本に近づいてきます。
最後のページもアリの群れが出てきますが、一匹だけではなく、みんなそれぞれ違うアリです。絵さがしを楽しんだ最後は、違いを認める、というメッセージが何気なく盛り込まれています。