2019年度10月号 おうち

販売価格 1,430円(税込)
購入数

作:中川ひろたか
絵:岡本よしろう
出版社:金の星社
対象:幼児〜大人

絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:女の子が、おうちの中での日常を振り返りながら、「なんで、このおうちにかえってくるんだろう」と考えます。
かえらないと、ごはんがたべられないから? おふろにはいれないから?おふとんのなかでねむれないから?
どれも合ってるようで、違うような気もします。
帰り道が暗くなったとき、電気のついているおうちが見えるとほっとします。そして女の子は、おうちにいると安心していることに、だんだんと気づいてゆきます。
おうちは子どもたちの居場所です。戻るところがある子は、いろんなことにチャレンジできます。
読み聞かせの際は、子どもたちに大きな反応はないと思いますが、ジワリと何かが伝わっていると思います。また、読み終わったてから「みんなは、なんでおうちに帰るの?」と聞いてもおもしろいかもしれませんね。
すべての子どもたちにとって、おうちが心地よい居場所であることを願っています。