2019年度8月号 おっと あぶない!

販売価格 1,430円(税込)
購入数

作:サトウマサノリ
出版社:パイインターナショナル
対象:幼児〜大人


絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:カエルの遠いご先祖様のおはなしです。
「むかし、わしらは手も足もなく、海の中にいる生き物だった。突然やってきた別の生き物が、大きな口を開けてわしらを飲み込み始めた。“食われて、たまるか!”と、陸に逃げた者たちがいた。そこでも、敵が現れて、多くの仲間が食べられた。生き残った者の中には、敵から逃げるために、ジャンプする者が現れた・・・」と、危ない目に遭うたびに、姿形を変えて生き抜いてきたカエルのご先祖様たちの奮闘ぶりを描いています。
カエルのご先祖様はこう言います。「わしらの姿は、だいぶ変わったが、まだこうして生きている。」“何としてでも生き抜く”というエネルギーを感じさせてくれます。最後に、ご先祖様は後輩たちにこう言います。「よいか、若いきみたち。ピンチがわしらを強くしてくれるんじゃぞ。」
読んでいるときは、子ども以上に、大人が腹を抱えて笑ってしまう絵本なのですが、実はふか〜い絵本なのです。子どもたちには、生き抜くことの逞しさが伝わるといいな。