2018年度8月号 なんでもないなつの日

販売価格 1,512円(税込)
購入数

作:ウォルター・デ・ラ・メア
絵:カロリーナ・ラベイ
訳:海後礼子
出版社:岩崎書店
対象:幼児〜大人


絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:英国を代表する詩人・幻想文学作家ウォルター・デ・ラ・メアの詩「Summer Evening」に、カロリーナ・ラベイが絵を描きました。
夏の夕暮れの農場で、家族そろって外で夕ご飯を食べています。ネコがネズミを追いかけるあとを、子どもや農場にいる犬やブタ、アヒルたちが一緒にテクテクとついて歩きます。日はどんどん傾き、人も動物も、その時間を味わっています。
日常のしあわせを感じさせてくれる絵本です。
子どもたちに読むときは、少人数でじっくりと絵を見せてあげましょう。ネコと犬がネズミを見失っているページがありますが、子どもたちなら、無事に逃げおおせたネズミを見つけることができるでしょう。子どもと一緒に絵をすみずみまで楽しんで下さい。
子どもと一緒に絵本を味わう時間こそが、なんでもない日常のしあわせかもしれません。