2018年度6月号 だれのじてんしゃ

販売価格 1,058円(税込)
購入数

作、絵:高畠純
出版社:フレーベル館
対象:幼児〜大人


絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:男の子が自転車に乗っていると、目の前にはなが〜い自転車がありました。誰の自転車?と思っていたら、ワニが「ぼくの自転車」と乗っていきました。今度はワニの目の前に、耕運機のような自転車がありました。ゾウの自転車でした。こうしてリレー方式で次々にいろんな生き物の自転車に出会います。最後にきれいなお花をかごに入れてある自転車がありました。女の子の自転車でした。女の子が自転車に乗っていると、目の前にはカタツムリがいました。自転車はありません。女の子は「あなたの自転車は?」と聞きます。
そして、次が最後のページ。女の子が自分の自転車にカタツムリをちょこんと乗せているうしろ姿です。
この絵本からは、あったかくほのぼのとした感じが伝わってくるのですが、最後のページがさらにあったかさを増します。絵本ならではの表現だと思います。読むときは、最後のページをあったかい気持ちでじっくりと見せてあげて下さい。裏表紙もお忘れなく。