2018年度4月号 もうちょっともうちょっと

販売価格 1,296円(税込)
購入数

文:きむら ゆういち
絵:高畠 純
出版社:福音館書店
対象:幼児〜大人


絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:木から落ちたりんごが、穴に入ってしまいました。コブタがとろうと手をのばしたら、「ツンッ!」と指先に当たって、さらに奥へ。次に通りかかったサルも「ツンッ!」とまた奥へ。今度はきつねがしっぽで「ツンッ!」。ドンドンりんごは奥に入ってしまいました。いろんな動物が集まってきましたが、りんごはとれません。そこへゾウがやってきました。長い鼻を穴の中にのばして、とれました!その途端、ゾウはひとりで食べようと、りんごをもって逃げ出しました。でも、最後はみんなで仲良くりんごを食べることができました。いったい、何があったのでしょうか。読んでからのお楽しみ。
子どもに読むときには、りんごに届くか届かないかの臨場感を出すために、「もうちょっと、もうちょっと」というセリフをじれったいくらいにもったいぶりながら読みましょう。そのもったいぶりがあるから、次の「ツンッ!」「あっ!」が活きてきます。子どもたちの笑い声が響きますよ。