2017年度12月号 またおこられてん

販売価格 1,404円(税込)
購入数

作:小西貴士
絵:石川えりこ
出版社:童心社
対象:幼児〜大人


絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:
おかあさんに日頃からあれこれとおこられているけんちゃんは、一緒にお風呂に入ったおとうさんに「かあちゃん、おこりんぼマシーンみたいや」と漏らします。
部屋を片づけてないとおこられる。でも散らかしているのではなく、忍者ごっこを一緒にするための配置をしてあるだけ。 
食事を残したらおこられる。でも、おなかがすいてないときがあるから、そんなときは食べられないだけ。
うそをついたらおこられる。でも、かあちゃんをおこらせたくないだけ。
謝らないとおこられる。でも、おこられたら、のどが詰まったみたいになって、うまく言えないだけ。
お風呂で、けんちゃんからそんな話を聞いたおとうさんは、以前、けんちゃんがケガをして救急車で運ばれたとき、かあちゃんが一晩中、祈っていたことを話します。すると、けんちゃんはにこにこ顔で「かあちゃんは、ぼくのこと好きなんやね。クックックッ」と。
親も子も、お互いに悩み、苦しんだりしながら、一緒に生活をしているのが家族です。そんな中で、お互いの気持ちが少しでもわかりあえた瞬間は、家族でいることのしあわせを実感しますね。