2017年度11月号 おふくさんのおふくわけ

販売価格 1,404円(税込)
購入数

作・絵:服部美法
出版社:大日本図書
対象:幼児〜大人


絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:
『おふくさん』に続く第2弾。10人のおふくさんたちが楽しく食事をしているところに、鬼がやってきて、「何か食わせろ」と凄みますが、おふくさんたちは平気。
しかし、あるのはさつまいもだけ。
おふくさんたちは、鬼を巻き込んで、一緒においしいものを作ります。
さつまいもを使った食べ物は、鬼の金棒のデコボコにそっくりな「鬼まんじゅう」です。ふかしあがった鬼まんじゅうをみんなと食べる鬼は、なんともうれしそう。
たくさん作った鬼まんじゅうは、近所の子どもたちにも分けてあげます。これが「おふくわけ」。
鬼まんじゅうは東海地方の郷土菓子です。さつまいもと小麦粉で作ります。作者の服部美法さんは、三重県出身なので、鬼まんじゅうは子どもの頃から食べ親しんでいたのだと思います。きっと、おふくわけをしてもらったのではないでしょうか。巻末には、鬼まんじゅうのレシピが載っています。子どもたちに作ってあげてみてはいかがでしょうか。