2017年度9月号 ぼくがすきなこと

販売価格 1,404円(税込)
購入数

作:中川ひろたか
絵:山村浩二
出版社:ハッピーオウル社
対象:幼児〜大人


絵本を読む人・しんちゃんからの紹介内容:
好きなことの中には、瞬間的であったり、感覚的であったり、その人にしかわからないような“マニアック”なものもあります。
子どもたちは、そういう感覚をけっこう楽しんでいるものです。
この絵本は、そんな子どもの様子を描いています。
例えば、窓ガラスを伝わる雨つぶで競争すること。
あるいは、下敷きをこすって、髪の毛を立たせること。
太陽の光を鏡で反射させて、あちこちを照らすこと。
散髪屋さんの赤・白・青のくるくる回る看板が、下に消えては上から出てくる様子を見ていること。
思い当たる人もいるのではないでしょうか。子どもの頃って、何にでも興味を持っていたのですね。
大人になって時間に追われると、好奇心もあまり働かなくなるのかしら。
是非、子どもたちと一緒に“マニアック”な好きなことを見つけてみて下さい。
ちなみにぼくは、夏のプールで、底を這うように泳ぐのが好きでした(笑)。