2015年7月号 なつのいちにち

販売価格 1,080円(税込)
購入数

作・絵:はたこうしろう
出版社:偕成社
対象:幼児〜大人

絵本を読む人・しんちゃんの紹介内容:「夏」の思い出は特別です。体中のあらゆるところにしみ込んでいます。例えば、青々と繁った草の匂い。ジリジリと腕に突き刺す強い陽射し。風で揺れる木の音。セミの声。夕立で濡れたゴム草履の足元。麦わら帽子をかぶったときのチクチク感。大人になった今でも、鮮明におぼえています。
特別なことは何もないのだけど、「夏」が五感を通じて体にしみ込んでくるのです。
ここ最近の夏は、極端な猛暑のため、熱中症が心配です。だから、子どもたちは、冷房の効いた部屋で過ごすことの方が多いかもしれません。
それでも、「夏」の感覚を体にしみ込ませてあげたいですね。
この絵本を読んで、子どもと一緒に、外で「夏」をさがしてみてください。