2015年6月号 かさかしてあげる

販売価格 864円(税込)
購入数

作・絵:こいでやすこ
出版社:福音館書店
対象:幼児〜大人

絵本を読む人・しんちゃんの紹介内容:梅雨に入っても、最近の雨は、しとしとと降らず、豪雨のようです。
かつて、子どもたちは、しとしと雨の中、傘をさして出かけると、いろんな発見の連続でした。かえるの鳴き声、かたつむり、道路の真ん中をミミズが横断していたり。傘をくるくるまわして雨を飛ばして遊んだりもしました。長靴をはいていれば、水たまりにもジャブジャブと入っていました。
傘を忘れた子は、入れてもらっていました。2人で傘の柄を握ってさしていました。
子どもたちは、雨の日をうっとうしいとは思っていません。
だから、雨の日に、わずか数メートルの駐車場までの道を走らずに、傘をさしてゆっくり歩き、子どもたちと一緒に、いろんな発見をしてみてください。
そして、家に帰ってあったかいミルクを飲みながら、この絵本を読んであげてください。